DP43

■石垣島北部エリア
■水深 10m〜30m
■レベル ビギナーからOK

海況が良い時は、透明度が良く、地形がダイナミックな、伊原間アウトリーフのポイント。 潮があたるところには、カスミチョウチョウウオ・ハナゴイ・グルクンがいつも群れています。 カスミチョウチョウウオは、その数が多ければ多いほど気持ちよく、青い海には、黄色と白がとても良く似合います。 ホワイトチップシャークやウミガメとの遭遇率も高いところです。 ホワイトチップシャークは、性格がおとなしいサメと言われているので、怖がることはありません。 下半身をくねらせてゆっくり泳ぐ姿は、やはり逞しさを感じます。 もし、ウミガメがリーフの上で休んでいたら、絶対に追いかけてはいけません。 まず着底してから、ゆっくり近づくようにすると、もしかしたらけっこう近寄れるかもしれません。 根の上は、ハナヤサイサンゴの中に隠れている、オオアカホシサンゴガニやサンゴテッポウエビなどの甲殻類や、カスリフサカサゴ・ダンゴオコゼなど、小さい生き物たちも充実しています。 しかし、どうしても中層を泳いでいる時間が長くなりますので、中性浮力をしっかりとり、ガイドと水深を合わせるようにしましょう。 平均水深もやや深くなりますから、残圧のチェックはこまめにします。 船の下は、10m前後くらいでしょうから、潜行ロープにつかまるなどして、安全停止をしっかりしてからエキジットしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る