ニーラン石

ニーラン石

西桟橋とコンドイビーチの浜打ち際にそびえる立石が「ニーラン石」。ニーランとははるか彼方の神の国のこと。この場所は神を迎え入れる場所(目印)で、その昔、ニーランから船でやってきた神がこの石に綱を結びつけたと言われている。旧暦の8月8日には「世迎い(神々が世に訪れて五穀豊穣や世(幸)を齎してくれる)」の行事が行われる。

関連記事

ページ上部へ戻る