DP46

■西表島北エリア
■水深 5m〜25mくらい
■レベル ビギナーからOK

海況の良い時にしか行けない、西表島バラス方面。 石垣島エリアとは、また違った風景があります。 バラスエリアの、独特の地形と環境で暮らす生物もまた違ってきます。 魚影は、石垣島よりもさらに濃く、個体差も、同じアカネハナゴイでもひとまわり大きく感じられます。 そこそこ水深があるところに着床しているテーブルサンゴも背は低い代わりに、大きく広がりを持っています。 石垣島とさほど、距離があるわけでもないのに、生物の棲み分けの違いを感じるのは環境のせいなのでしょうか? このエリアでは、季節になると、インドカイワリの群れを見ることができます。 人で言う頬のあたりに黒い筋があることで区別ができます。 ナンヨウカイワリなどの普通種より、ひとまわり大きなインドカイワリの群れはちょっとした迫力があります。 浅い棚上のエダサンゴに群がるアカネハナゴイ個体数が多いので、背ビレの赤色が目立ってエダサンゴ周辺が火事のように見える季節もあります。 同じく、キンギョハナダイ・デバスズメダイの群れも見事です。 ※遠征ポイントとして、ダイビングフィーに遠征費がプラスされることがありますので、利用するダイビングサービスで、料金の確認をするようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る