DP19

■石垣島南西カーチバイエリア
■水深 5m〜30m
■レベル ビギナーからOK

竹富島の西側から小浜島にかけての石西礁湖エリアです。 数年前までは、オニヒトデ大発生と白化現象のダブルパンチを受け、サンゴ礁が死滅してしまったエリアですが、徐々に徐々に復活を始め、2014年ごろには、ほぼ回復したでのはないか?と思えるほど、若くて元気の良いサンゴが群生しているエリアです。 着底できる場所がないほど、サンゴがびっしりです。 浅いところは、ハナヤサイサンゴなどのガッチリしたサンゴが多く、水深を少し下げると、テーブルサンゴやエダサンゴの張り出しがいくつもあり、潮通しの良い環境は、いつもロクセンスズメダイ・ハナゴイ・グルクンが群れています。 高く伸びようとするエダサンゴの種類・横に面積を広げようとするテーブルサンゴの種類、テーブルサンゴの傘の下にいるエダサンゴは光が遮られるため育ちにくくなってしまいます。 そんなサンゴ礁の棲み分けや生存競争が垣間みれるのも、種類豊富なサンゴ礁が群生するこのエリアだからだと思います。 潮通しが良いので、イソマグロ・ツムブリの群れ、マンタやマダラトビエイ・カメなども狙えるポイントです。 大物からマクロまで楽しめます。

関連記事

ページ上部へ戻る