八重山平和祈念館

沖縄戦において軍から強制的に疎開を命じられた八重山の住民が、マラリアによって多数犠牲になった。
食糧難による栄養失調で多くの住民がマラリアに感染し倒れていった「戦争マラリア」とよばれる戦争の実相を後世に正しく伝えるため、そして平和のメッセージを世界に発信するために開館した。

関連記事

ページ上部へ戻る