大崎ミノサカゴ宮殿

DP23

■石垣島西エリア
■水深 5m〜30m
■レベル ビギナーからOK

生物層が豊かで、どのポイントも特徴があってフィッシュウォッチング派もフォト派にも人気の大崎エリア 水深9m付近にキンギョハナダイ・アカネハナゴイ・ハナゴイが群れる根があり、その量が増える夏は根の周りが赤くなって見えるほどです。 その群れに混ざって泳いでいるアカネナゴイは、背ビレが真っ赤で胸ビレが黄色、緑色の目をしていて、本当に華やかな魚です。 上級者は、深場の沖の根まで行くと、スカシテンジクダイ(以下スカテン)・キンメモドキが群れている周りで群れている、ハナミノカサゴを見ることができます。 水深が深く、太陽光も届きにくいのですが逆光で見るとスカテンがキラキラして見えるのが幻想的な雰囲気をかもし出しているようです。 根に向かう途中の砂の斜面には、ガーデンイールがニョロニョロと顔を出していたり、 砂に、バラスや貝殻で上手に巣穴を作って、目だけキョロキョロさせている、ジョーフィッシュもいます。

関連記事

ページ上部へ戻る