御神崎エビ穴

DP15

■石垣島北西エリア
■水深 5m~30m
■レベル ビギナーからOK

地形ポイント、サンゴ鑑賞ポイント、上級者は深場でレア生物探し… 水深、コース選びでいろいろな潜り方ができるポイントです。 一般的には、12mでガレ場遊び ハタタテハゼ・クロユリハゼ・アカハチハゼ・オグロクロユリハゼなどの定番ハゼたち、 岩に空いてる小さな穴から顔だけ出してキョロキョロしているカエルウオやギンポの仲間、岩をそっとめくると、アケウスの仲間やハサミにイソギンチャクを持って振りかざしながら威嚇する姿が何とも可愛らしいキンチャクガニなどの珍しい甲殻類が出てくることもあります。 ガレ場の先には8の字に移動するトンネルやアーチがあり、それぞれの地形を楽しむことができます。 穴の中の暗がりに棲み、地味な色に見えるクレナイニセスズメは、ライトの光を当てると素敵な赤ワイン色であることがわかります。 岩の陰などでよく見かける、アオギハゼやツバメタナバタウオはよく見ると腹を上にして逆さまになって泳いでいます。 小さな生き物観察は、地味な潜り方に見えるかもしれませんが、いろんな生き物を見つけて、みんなで共感できることがダイビングの最大の楽しみだと思いますよ。 あっ!と言う間にダイビング時間が過ぎてしまいます。潜水時間も確認しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る